--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/22 (Mon) そうそうちょうどこんなかんじ。

 ほんとうは瞬間にしかなかった愛だったのに、すれ違ったことがそれを永遠にしてしまった。
                                     
                                坂のある非風景「詩入門#5」




手に入らないから夢は夢であって、
王子様は王子様で、
ダイヤはダイヤで、
誠実は誠実で、
本当は本当で。



だからね、本当にほしいものは手に入れないで、
泣きながら絶望していたほうがいいんだよ。




なんて言い聞かせてみるも無惨。


―――君ヲ永遠ニスルタメニ僕ハ・・・

雑。 | trackback(1) | comment(0) |


<<そんな日が続いてくと信じてた。 | TOP | ぶーらぶら。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://bc04.blog61.fc2.com/tb.php/268-a47d447e

約束はひとりだけでかわす
夏が舞い戻っていた。舞い戻るがいいさ。台風は逸れるそうだ。逸れるがいいさ、と言ってみる。 詩入門 #5 舞い戻った夏と逸れる台風は... //坂のある非風景 2008/09/24 21:18

| TOP |

Profile

黒咲 椿

Author:黒咲 椿
とりあえず♀です。

ちなみに
巨商伝恵比寿サーバで活動中♪

ブログ内画像の無断転載禁止!

New

Comments

Search

Categories

Monthly Archives

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。