--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/12 (Fri) 何が悲しくて泣くんだろう。


ふと思い出しては、のぞいていたブログがありました。

がんを患った、女性のブログでした。


何度も奇跡を起こしました。

ここ最近は、だんなさんやお父さんの更新が増えました。


ついさっき見たら、

亡くなって1週間がたっていました。



コメントしたことはありませんでした。

たまに見ては、記事を3つくらい、まとめて読む程度でした。


泣いてしまいました。

なぜだろうと思いました。


それは、残されただんなさんの気持ちを考えたからであろうことがわかりました。


いつだって、悲しいのは残されたほうでした。




どこかで生きていた
顔も知らない女の人と

どこかで生きている
顔も知らない男の人と

ここで生きている
赤い目をした椿姫は

この瞬間の強い思いで命を分かち合ったのでしょうか。




感動とか素晴らしい夫婦とか愛とか冥福とか

人の死はそんなもんじゃないんだよ

雑。 | trackback(0) | comment(0) |


<<後ろ向きじゃなく、ただ客観的に。 | TOP | 深呼吸は秋の味。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://bc04.blog61.fc2.com/tb.php/264-f1141da7

| TOP |

Profile

黒咲 椿

Author:黒咲 椿
とりあえず♀です。

ちなみに
巨商伝恵比寿サーバで活動中♪

ブログ内画像の無断転載禁止!

New

Comments

Search

Categories

Monthly Archives

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。